仕事の効率を上げるためにいかに事前準備が必要か

仕事の効率をアップさせるために事前に行う事は

会社には必ず2つのパターンの人間が存在

会社員として勤めている皆さんには「ああっ解る解る」という方も多くいるかもしれませんが、会社という組織には必ずと言ってよいほど2つのパターンの人間が存在します。
まず、バリバリのやり手で仕事の効率も良く、いわゆるできる人というタイプで、もう一つは何となく働いていて要領が悪く残業も多いいわゆる仕事のできない人ですね。
まあ、見事にどの会社でもこういったタイプはいるもので、ずいぶん周りの従業員からの印象も違うと思います。
しかしですが、仕事の部署や役職が違うのならできるできないはあり得ますが同じ位で仕事をしている同僚であるならば与えられる仕事の量や質は同じはずなのになぜ人によってこういった現象が起きるのでしょうか。

仕事の出来る人と出来ない人の2種類

こういった仕事ができる人とできない人の2種類がどうして存在するのか、これにはその人の能力というよりは仕事に対する取り組み方に違いが大きくあるのではないかと思います。
仕事のできる人というのはやはり要領が良くてきぱきと仕事を進めて就業時間内に仕事が終わるように一日の初めから考えて仕事に取り組んでいます。
しかし仕事のできない人は要領よく仕事を進める事が苦手なので、当然仕事のスピードも遅くなり就業時間内でこなすことができません。
ですので自然と残業が多くなり、無駄に時間を使って仕事をしていることになります。
働き方改革の世の中では改善を要求されるタイプにどうしてもなってしまいます。
こういった仕事への取り組み方の面が大きく違うのではないでしょうか。


この記事をシェアする