仕事の効率を上げるためにいかに事前準備が必要か

仕事ができる人は必ずやっていること

出来る人は事前の準備が整っている

また仕事のできる人は一日が始まるときに事前の準備がしっかり整っていますので、その日に必要な資料は当然整理してありますし、プレゼンなどがある場合はしっかり前日までに頭の中でリハーサルできてますので、あわてることなく仕事にスムーズに取り掛かることができます。
さらにイレギュラーなことが起こった場合でも対応することが余裕があることによってしっかり対処できるので、大きなミスを犯さずに食い止めることが可能です。
そしてミッションが完了したら引き継ぎやミッションの検証もしっかり行い、就業時間内にすべてを終了して次の日の準備まで行うことができます。
これらの作業をルーチンで毎日続けることができるので仕事の質が常に高く仕上がることになります。

出来ない人は準備をせず行き当たりばったり

逆に仕事のできない人は前日までにその日やることの整理が全くできていないので当日になって準備を始めますから当然効率は悪くなり、スムーズに一日の仕事に入っていくことができません。
これによって一日の組み立てるスケジュールがすべて狂ってしまうので作業に後れを取っていくことになります。
もしプレゼンなどがあっても当然前日にリハーサルなどしていませんから、行き当たりばったりの対応になってしまい、効率的なプレゼンも展開できません。
さらにイレギュラーなことが起こっても余裕がないのでしっかりした対応が取れず傷口を広げてしまう場合があります。
ミッションが終了しても検証には時間がかかり就業時間内では終わらせることができずに残業という事になってしまいます。


この記事をシェアする