仕事の効率を上げるためにいかに事前準備が必要か

仕事の効率をアップさせるために行う事前準備とは

仕事を効率アップさせるために行っておく事

無駄、ムリ、ムラという言葉がありますが、どうやって効率よく仕事の質とスピードをアップさせることができるでしょうか。
それには完璧な下準備というのが必要になり、準備は余計な言い訳を排除することにつながりますので、事前に準備をしておくというのは必要不可欠なことなのです。
準備のコツとしてはまず取り掛かる前に全体の流れに沿って必要なものを核にすることが大事ですが、たとえばその時に必要な資料などは事前に集めて用意し、確認まで遅くとも前日までにしておく事が重要です。
あと実際に頭の中でシュミレーションを何度も納得するまで繰り返すことが重要です。
たとえばプレゼンの場合だったら原稿や資料を頭の中で暗記できるぐらい読み込み反復して、前日までにシュミレーションを完ぺきに仕上げておきます。

事前準備しておくことがいかに重要な事柄か

そして予期していなかった不測の事態があり得るかどうか、これも頭の中で何度も繰り返しシュミレーションしてトラブルの発生に備えましょう。
さらに、もしそういうことが起きてしまったらどういった対策をとればよいかも頭の中でいくつか用意して臨みましょう。
これには想像力を存分に働かせる必要があるので、もし本番で難しそうな局面があったらどう対処するかをシュミレーションしていくつかの対策もリハーサルしておくことが重要です。
完璧な準備のためには、」本番の状況を頭の中や実際に行動することで再現するという行為がとても大切になってきます。
そしてしっかりと頭の中でイメージが出来上がったら、頭の中でミッションの内容を再現できるまでに繰り返し反復して記憶します。
ここまでできたら本番は成功したも同然です。
このように事前準備というのかいかに効率の良い仕事につながるかを頭に入れて仕事に取り組みましょう。


この記事をシェアする